相変わらず突拍子も無い私。
以前から羽織袴の武士風に憧れています。(イタリア人だからか?)

電車内でマナーの無い者に注意しちゃう事しばしば。
家内にその無礼者にキレられたらどうするの?と、きつく注意されるも、もし私が武士風だったら相手も手出しをしないでしょう(^_-)-☆

背広嫌いな私でもジャパニーズ正装なら気持ちよく過ごせそうです。

また「和」もスキなので、羽織袴を着ることでそれを身体で表現できるでしょう。
羽織袴いいなぁ~。

本日、猛暑続きで治療室もヒマになったので横浜地下街ポルタにあるリサイクルの着物屋さんに出向いてみました。
白衣の私が着物屋さんに入ること自体、違和感あるが「武士になりたいので羽織袴ありますか?」で店員さんもビックリ。 丁寧に話を聞いてくださるも「羽織袴で無礼者を注意するのも・・・単なる変わり者としか見られないのでは?」と至極当然の答えを頂戴いたしました。
着物屋さんに男性用の羽織袴はなくて、掘り出し市をするときに呼んでくれることになり帰ってきました。
いつの日かイメージチェンジはかりたいと思います。

ただ羽織袴って洗濯どうするんでしょう?
日常着で着たいのだが、昔の人を含め洗濯どうしてたのか着物屋の店員さん聞くも分からないとのこと・・・。
臭さを撒き散らして羽織袴で闊歩するのも問題だあなぁ~。

スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieヨコハマ鍼療院

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL