2010’10.04・Mon

患者様と絶句・・・

 上柳昌彦 ごごばん!(ニッポン放送)の日記で還暦、喜寿、米寿などの呼び方で120歳=大還暦、250歳=天寿、1001歳=王寿(王の字をを分解すると千と一)1007歳=毛寿(毛を分解すると千と七)1082歳=科寿(科は分解すると千と八と十と二)2018歳=栞寿(栞を分解すると千と千と十と八)などがあることを知りました。
いわゆる文字遊びですね~。
でもここまでの年齢があったとは!! 驚きでした。
 折角でしすから、年齢の別称(?)の一覧表を作ってみました。
作ったからには、人に見せたくなります。
そこで先日、治療院の会計時に患者様に見せてしまいました。
そうしましたら、その患者様は高齢の別称には驚かず、他の段に記入していた文字に注目。
「40歳=初老」
表作りの時には気にならなかったですが、言われてみれば「初老」は何とも・・・。絶句しちゃいました。
昔は、40歳で初老なんて呼ばれていたんですね・・・。
患者様と軽いショックを味わってしまいました。

スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieヨコハマ鍼療院

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL