2011’03.14・Mon

被災地をおもう

 被災地では自衛隊、消防、医師などの命を繋ぐプロが必死に動いていると思います。
頭の下がる思いです。 

 命の確保後は健康の確保が、大事に成るでしょう。
その時には、鍼灸師も大きな戦力になるんじゃないかと思いまして行動を考えています。
もう少し現地が落ち着き次第、手助け出来たらと思い鍼灸師会に電話してみました。
鍼灸師会の方も混乱しているのか、ボランティアの派遣まで話は行ってないような感じでした。

 どこかの団体で鍼灸師が必要な時には、ご連絡をください。
鍼灸の技術だけ持っていても、一人で乗り込んでは現地の手助けはおろか足手まといになってしまうでしょうから。


 ___________ 院内の節電のお知らせ __________

 節電の協力のために、院内の蛍光灯を半分くらい消灯しての営業をしています。
すこし暗くて陰気臭くなってますが、治療には支障がないので節電に協力したいと思います。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieヨコハマ鍼療院

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL