2012’08.17・Fri

憂 国

 ブログには相応しくないタイトルですかね (^^)
でも、最近の日本の状況にようやく危機感を持ち始めた人も多いのではないでしょうか。
わたしも、いつか神風が吹いて状況の好転があればと思ってきましたが、悪化の一途を辿ってる気がします。
震災があった時にターニングポイントになるかとも思いましたが、それも叶わないまま過ぎてしまってると思います。

わたしは、若い頃にバックパッカーの真似事で諸外国を旅行してきて、そして思いました。
この「日本」って何て良い国なんだろうと。
四季があり、人情があり、繊細だけどラテン系でもあり、料理がうまい。
良いところをあげだしたら無数にあげられます。

でも20年前の国内の日本の評価って、あまり高くなかったと思います。

私は鍼灸師ゆえに先輩方の話を聞くことに恵まれました。
戦争を含めて、いろいろなお話を聞かせていただきました。
そうしてますと、日の丸や君が代バッシングが不思議でなりません。
日本が大好きです。
右翼だ!と言われますが、果たしてどうなのでしょうか?
子供を愛し、家族を愛し、町内を愛し、国を愛し、世界を愛す。
サークルの大きさの違いだけだと思います。

戦後、日本も数々の困難に遭遇してきています。
いま、また相当に高い危機を迎えていると思います。
周辺国の事情と弱体化した日本政府の関係から領有権問題でもめてます。
今のままでは、軍事衝突もあるかもしれません・・・。
経済問題も深刻ですし、国内の既得権益をめぐる問題、財政問題・・・マズイ事を挙げていくと、これまたキリが無いです。
子供達に明るい日本の未来をみさせてあげたいものです。
皆の知恵を出し合って、良い国=日本を守って行きたいものです。

また、ブログには書けないですけれど凄い研究をしている科学者も日本にはたくさんいるようです。
そろそろ日本も敗戦の状況から抜け出して本気を出す時じゃないでしょうか?


スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie日記

Next |  Back

comments

大概の日本人の長所は奥ゆかしさ、柔軟性、底深い良心と寛容さだと思われ、外国人もそれらの点をすごく評価しておりますが、こと外交となるとマイナスですね。

白洲次郎さんみたいな人が政府に5人くらいいれば、日本も毅然としていられるのになぁ、と想像します。しばらくはそのような人物は期待出来そうもないので、国民あげてモノ言いすべき時ですね。

ラテン系、ってお祭り好きのことでしょうか(笑)。

はむとろ:2012/08/17(金) 13:46 | URL | [編集]

中野学校でも作って現代の白州次郎をうまねばなりませんね。

日本人はラテンの気質あると思うのです。
その通り「お祭り好き」ですね。
ありえない祭りが各地に残ってますし、花見など日本中が大アウトドアパーティーで4大新聞が一面でニュースにしちゃう凄さ。
宵越しの金を持たないなど江戸っ子はラテンの最たる例ではないでしょうか?
喧嘩と火事が好きな町民って凄くないですかね(^^)

たつや:2012/08/17(金) 15:52 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL