2013’02.28・Thu

富士山噴火

 ホームページの更新作業が、時間の制約もあり進んでいません・・・。

そんな中で、万が一、富士山や箱根が噴火した時のスタッフ用ハザードガイダンスを製作する。
噴火を調べていくと、思っていた以上に深刻な状態になるようなので、噴火した時に慌てず困らないで対処できるようにガイダンスを作っておきました。
風向きにもよりますが、2時間以内にガラス状の有害微粒子が飛んできてインフラがダメになる可能性があるよう。
従って迅速な対応に迫られるので、地震や鳥フルのように万が一に備えたガイダンスをスタッフに提示しました。

むかしから、この日本は、外敵よりも災害との戦いを強いられてきた島国です。
地震、雷、火山、津波、台風・・・。
今後もそれは変わらないと思います。
「備えあれば憂い無し」
先人の言い伝えを守りたいと思います。

スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日記

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL